金属歯科材料によるガルバニー電流の影響

銀歯が電流を起こし、全身に悪影響をおよぼす?

小さい頃にアルミ箔や銀紙を咬んだときに、いやな感触を経験したことはありませんか? このときのいやな感触は、実は電流によるもの。同様に金属歯科材料が口腔内にある場合は口の中に電流が起こり、頭痛や肩こりの原因になることがあります。この電流はガルバニー電流と呼ばれ、体にいろいろな異常を起こすことで知られています。

人体に悪影響をおよぼす口腔内電流「ガルバニー電流」とは?

人の体には微弱な電流が流れており、脳はこの微弱な電流によって全身をコントロールしています。ガルバニー電流が発生すると、脳からの指令が混乱してしまいます。ちょうど、精密機械が妨害電波で誤作動する現象とよく似ています。その結果、体の痛み、疲れ、不眠、イライラといった様々な神経症状を引き起こしますが、ほとんどの方はガルバニー電流が原因と気付かないまま、自律神経失調症や更年期障害と診断され、不快な症状が続くことになります。

当院ではガルバニー電流の計測・治療を行っています

当院では、ガルバニー電流を計測・治療できるオーラルテクター・ゼロテクターという計測機を導入しています。

オーラルテクターは、口の中に入っている金属が発する電流の数値を測定し、原因の特定ができるほか、電流をその場で除去することができます。歯に溜まったガルバニー電流を放電することにより症状が改善すれば、原因不明の症状の原因がガルバニー電流であったことがわかります。

最近、体の痛み、疲れ、不眠、イライラといった様々な神経症状でお悩みの方はもしかしたら、金属歯科材料が引き起こした電流のせいかもしれません。心当たりがある方は一度当院までご相談ください。

中垣歯科医院のガルバニー電流の治療法

医科歯科連携による金属・歯科アレルギーサイト